第二新卒の転職を成功させるポイントとは

第二新卒の転職ノウハウ

第二新卒の転職を成功させるポイントとは

社会人基礎力を身につけた若い戦力として、第二新卒枠での採用が増加傾向にあります。新たな成長の場を求めて転職を考える若手社会人にとっては絶好の売り手市場。

しかし、応募者も増えているため、ポイントを押さえた自己PRを心がけなければ志望企業への転職は決して容易ではありません。ここでは第二新卒としての転職を成功させるための大切なポイントについて見ていきましょう。

第二新卒者が企業から期待されることとは

第二新卒者は、社会人としての基礎力を身につけた若い戦力として企業から大きく期待されています。

基本的なビジネスマナーや業務上必要なOAスキルは、習得していると見なされます。ここが新卒者とは扱いが大きく異なる点です。

第二新卒者は、新卒者が初期研修等で一から学ぶようなことは、入社の時点で身についていることを前提に採用されます。

このため、新卒社員に比べて第二新卒者は育成にかかるコストが低いうえ、前の会社に染まり切っておらず、新しい環境にも抵抗なく順応できそうだと期待している企業が多いのです。

第二新卒の転職活動で必ず準備すべきこととは

第二新卒者は、業務スキルの習熟度より、新卒者と同様に熱意とやる気のほうが評価されやすい傾向があります。面接時に成長意欲をアピールするにはどうすればよいのでしょうか。

第二新卒者が面接でよく聞かれるのは、「早期退職の理由」「志望動機」「将来のビジョン」の3点です。

これらに対する答えを通して、面接官に、入社後に自分が成長していく姿や活躍する姿をイメージしてもらえれば、強い成長意欲のアピールができたと言えるでしょう。

しかし、この3点に対して成長意欲をアピールできるような答えを準備するのは容易ではなく、徹底的な自己分析が求められます。

転職時の自己分析には次の4ステップをおすすめします。

  1. 前職で学んだことの振り返り
  2. これからどんな仕事をしたいのか
  3. 今の自分に何ができるのか
  4. 志望企業から何を求められているのか

1では今の企業で何を学び、転職先で今後どのようにそのスキルを生かしていくのかを念頭に置きながらキャリアの棚卸しを行います。

2と3の順序を逆にする人もいますが、せっかく新天地を求めて転職するのですから「何がしたいのか」を優先して考えましょう。

そうして今の自分のスキルを冷静に見つめ直したら、4で志望企業が第二新卒者に求めていることを読み取って、今の自分がフィットしているかどうかを検討します。
[add_widget file=”custom_widget”]

一人で悩まずに転職のプロの手助けも借りよう

転職活動では、転職エージェントのサポートを受ける方法もあります。転職エージェントは、転職者の今後のキャリアを固める手助けをしてくれます。

転職エージェントは、自分の市場価値を客観的に判断してくれる心強い存在です。新卒時の就職活動ではなじみがなかったかもしれませんが、転職に際しては多くの求職者が転職エージェントのサポートを受けて活動しています。

新卒時の就職活動と同様に転職活動でも、書類選考、筆記試験、面接試験の選考過程を経験することになります。

転職エージェントを利用すれば、それぞれの選考に対して効果的な対策を提供してもらえるので安心です。

書類選考前に志望動機書や職務経歴書の添削を行ってくれたり、面接試験前に模擬面接をしてくれたりと、サポートの手厚さはエージェントによって異なりますが、転職希望者に寄り添うサポートが期待できます。

関連記事

第二新卒におすすめのエージェント選びのポイントはこちら
「【第二新卒におすすめ】転職エージェントの選び方のポイント」

転職アドバイザーに
相談する

まとめ

第二新卒での転職は現在売り手市場ですが、「早期退職理由」「志望動機」「将来のビジョン」の3点をしっかり押さえて面接に臨みましょう。

また、事前準備や転職活動に際しては、決して一人で悩まずに、転職エージェントのサポートを上手く活用することで、効率的・効果的な転職活動が行えます。

この記事を書いたのは…20代の転職相談所

20代の転職相談所

輝ける30代を目指すあなたの選択をサポートする転職支援サイトです。「20代の若手を中途採用したい!」そんな正社員限定求人が5,000件以上。あなたに合った「20代の転職」を本気で応援します!

気軽に相談できる20代の転職相談所 転職相談予約はこちら

Top