卒業や退職後の空白期間が問題にならないベストな説明とは?

面接のホント

卒業や退職後の空白期間が問題にならないベストな説明とは?

企業が空白期間に抱くイメージを知る

2~3ヶ月の空白期間であれば、ちょっとしたタイミングのズレで片づくこともあります。しかし、長期ともなれば採用する企業としても原因が気になるところです。

勤労意欲への疑問

仕事をしていない空白期間が長ければ、企業は勤労意欲への疑問を持つ可能性が高くなります。働くのが嫌だから空白期間が長引いたのではないか?といったマイナスのイメージを抱くのです。

採用試験を受けている人全員が、入社して真剣に働きたいと考えているとは限らず、嫌々働く可能性もあります。企業としては、優秀で有益な人材を採用したいと考えるため、勤労意欲を疑われることは避けたいものです。

また、仕事を選り好みしすぎるケースも、実は働きたくないのではないかと疑われやすいため、マイナスとなり得ます。

心身の状態に対する疑問

勤労意欲が旺盛であっても、病気や怪我が原因で空白期間が長くなっている場合は、勤務に支障があるのではないかと懸念されやすくなります。治療期間が長いケースでは、一度よくなっても再発したのではないかなどと考えられてしまう場合もあります。

20代の転職相談所で
面接対策

企業の懸念を払拭する説明が重要

長期の空白期間は、中途半端な説明ではカバーできないおそれがあります。企業が抱くイメージや懸念に対して、最低限それを払拭する説明が必要です。

現在は問題がないことをアピール

勤労意欲への疑いを晴らすには、入社後にどのような活躍で貢献したいのか、どんな仕事をやりたいのかなどをプレゼンすることが大切です。意欲の問題だけに、ここは猛アピールしましょう。

病気や怪我については、すでに治癒や回復していることを伝え、再発も考えられないことを強調しましょう。また、完治していない場合でも、業務に支障のない程度なら、入社して貢献できることをアピールします。

病気や怪我と勤労意欲の違いは、医師による診断という客観的な判断材料を利用できる点です。場合によっては診断書を使うことも考えられます。一般的には選考段階で出す書類ではありませんが、内定を勝ち取るための手段としてはありです。

また、病気や怪我などのセンシティブな事柄については、会社側から突っ込んで聞くことが難しい側面もあります。そのため、自分からきちんと説明することも大切です。

空白期間を取り戻す説明

空白期間に何をやっていたかによって、企業の評価は大きく分かれます。単に会社を回って面接を受けていたというだけでは、空白期間のマイナスを埋める要素がないため、積極的に採用したいと思えません。

状況によっては空白期間を利用して、資格取得などのスキルアップに努めることも可能です。仕事の勘が鈍った代わりに能力を磨いた事実があれば、前向きな姿勢としてアピールできます。

20代の転職相談所で
面接対策

企業が納得する空白期間の説明

病気や怪我をしていたケース以外にも、企業が納得する空白期間の理由はあります。あまり不安がらず、正直に説明することも大切です。

  • 身内の介護をしていた
  • 海外に留学していた
  • 自営業をしていた
  • 資格の勉強をしていた

よくある原因を4つ挙げましたが、気をつけるべきは、空白期間の理由として納得はしても、採用すべきプラス材料にはなりにくい点です。

ただし、それぞれの特性を活かした経験値を前面に出す説明をすれば、武器になることもあります。経験値もセットで説明すると、空白期間さえ無駄にはしていないという姿勢を見せられます。

介護経験は介護職に、海外留学は語学が必要な職業に向いています。たとえ専門的なものではなかったとしても、将来のステップアップに向けた取っかかりとして評価される経験です。自営業なら、実際に働いていたため、仕事勘が鈍っていないアピールになります。

資格の勉強については、仕事と関係のない分野では意味がないと思うかもしれません。しかし、将来的に役立つ可能性もあるため無駄にはなりません。応募する業種や職種にとって不可欠な資格であれば、入社してから勉強を始める人よりも有利です。また、資格取得に向けて取り組んでいたという前向きな姿勢もアピールできます。

空白期間に対する懸念を払しょくして内定を勝ち取ろう

空白期間の原因によっては同情してもらえることもあるでしょう。しかし、それと採用とは別の話です。原因がわかったところで、空白期間が埋まるわけではありません。

そこで、介護や留学の例のように、空白期間を入社後に活かす方法までセットで説明するのもおすすめです。ここで重要なことは、いかに熱意を持っているかを伝えることです。空白期間を上手に説明して、志望企業の内定獲得を目指しましょう。

20代の転職相談所で
面接対策

キャリアアドバイザーに転職活動のお悩みを相談してみよう

Point.1選べる面談コース

「転職活動の悩みを相談したい」「とりあえず情報収集から始めたい」という方でも、気軽にお申し込みいただける最短15分の面談コースもご用意しております。Web・電話でも面談可能ですので面談予約フォームからお選びください。

Point.2求人の詳細が聞ける

Web上ではわからない求人の詳細をキャリアアドバイザーがご説明いたします。ご希望であればヒアリングの上、類似求人もあわせてご紹介させていただきます。

Point.3書類選考通過率が高い

あなたに合った求人のみを厳選してご紹介させていただくため、書類選考の通過率が高いことにも定評があります。

Point.4しっかりと選考サポート

書類選考や面接対策などもきめ細やかにサポートいたします。弊社経由で入社実績のある企業の場合は、過去の選考で出題されたテストや質問などのデータを基に選考対策をさせていただきます。

\簡単1分・無料会員登録/アドバイザーに無料で相談してみる

この記事を書いたのは…20代の転職相談所

20代の転職相談所

輝ける30代を目指すあなたの選択をサポートする転職支援サイトです。「20代の若手を中途採用したい!」そんな正社員限定求人が5,000件以上。あなたに合った「20代の転職」を本気で応援します!

気軽に相談できる20代の転職相談所 転職相談予約はこちら

Top