新卒とは違う!?第二新卒者の面接対策

第二新卒の転職ノウハウ

新卒とは違う!?第二新卒者の面接対策

新卒での就職活動と第二新卒での転職活動には、異なる部分が多くあります。転職活動を有利に運ぶには、この違いを知り、備えておくことが有効です。

今回は、第二新卒での転職にあたって、ぜひ押さえておきたい、面接対策のポイントをご紹介しましょう。

第二新卒の
面接対策をする

退職理由についての言及が必要

新卒者と第二新卒者の大きな違いとして、「一度会社を退職している」もしくは、「退職を予定している」という点があります。

第二新卒の募集では、応募してきた人物が前職を辞めた(または辞めようとしている)理由は、選考の際に重要なポイントとなります。

なぜなら、企業にとって、応募者が長く勤めてくれる人物か否かは、人事計画にかかわる重要な事柄だからです。

前職の退職理由は必ず質問されると思って、聞かれた際にどのように答えるか、事前に考えておくようにしましょう。

答える際には、人間関係や雇用条件、仕事内容への不満など、ネガティブなことを述べないようにします。

なぜなら、面接官からは、実際に離職するほどの問題があったのか、それとも応募者のこらえ性がなく不満を抱きがちな性格であるのかが判断しづらいからです。

「自分の将来を見据えたときに、転職すべきだと判断した」という前向きな理由を伝えて、面接官に「転職を志すのも納得だ」「当社であれば長く勤めてくれるだろう」と受け取ってもらえるようにしましょう。

関連記事

転職回数が多くても面接で上手に理由を伝えるポイントはこちら
「転職回数の多い人が面接で不利にならない回答方法」

前職での実績や経験を問われる

第二新卒者は、新卒者とは違って一度社会に出て仕事をした経験があるため、前職での実績や何を学んだのかも、入社後に期待される働きを判断する材料とされます。

前職での実績や経験を問われたら、単純に仕事内容を羅列するのではなく、具体的な成果や仕事を通して何を学んだかについて述べることがポイントとなります。

単純に「業績を伸ばしました」などと言うのではなく、どのくらい業績を伸ばせたのかを数値化して伝えたり、仕事を通して取得した資格を伝えたりと、具体的に話すことが大切です。

ただし、自己評価が高すぎる、謙虚さを失った主張は逆効果になることもあります。事実をありのまま伝えるとともに、過去を誇るのではなく、将来への展望を絡めて伝えるようにしましょう。

関連記事

第二新卒の職務経歴書の書き方はこちら
「第二新卒の職務経歴書は書き方が命!印象がアップするたった3つのコツ」

明解な将来のビジョンが必要

新卒採用の場合は、配属される部署が必ずしも明確に示されているとは限りませんが、第二新卒者の採用では、多くの場合、配属部署が明らかにされた状態で求人が行われます。

つまり、応募する段階で、希望に合った部署に対してアクションを起こせるということです。

これはキャリアアップを目指す第二新卒者にとって大きなメリットですが、一方で、部署配属後のビジョンについて面接で問われることを想定しておく必要があります。

業界全体に対するあやふやな志望動機ではなく、その部署に配属されたら具体的に何がしたいのか、どのように自分を成長させていきたいかということについて、明確に説明できるよう考えをまとめておきましょう。

このとき、先に述べた志望動機や将来展望などとかみ合わない主張をしてしまうと、「結局何をしたいのかわからない」という印象を与えてしまいます。

志望動機や自己PR、質疑応答などをひと通りまとめたあとで、一貫した主張ができているかどうか見直しましょう。

一つひとつの主張にうそはなくても、全体を見るとちぐはぐな印象になってしまうというのは、往々にしてあることです。

一晩おいてから見直したり、第三者にチェックを受けたりすると、客観的に見直しやすくなります。

関連記事

第二新卒のアピールポイントを詳しく知りたい方はこちら
「第二新卒時と新卒時の就活。心がけるアピールの違いは?」

まとめ

第二新卒での転職の場合、面接官は「採用後、短期間で辞めてしまうリスク」を意識しています。このため、退職理由や転職に至った経緯について、ポジティブに説明できるよう準備しておく必要があるでしょう。

履歴書や職務経歴書と面接での発言に矛盾があると、その場しのぎの発言をしていると思われてしまいます。事前に面接対策をしっかり行っておくことが重要なのです。

この記事を書いたのは…20代の転職相談所

20代の転職相談所

輝ける30代を目指すあなたの選択をサポートする転職支援サイトです。「20代の若手を中途採用したい!」そんな正社員限定求人が5,000件以上。あなたに合った「20代の転職」を本気で応援します!

気軽に相談できる20代の転職相談所 転職相談予約はこちら

Top