履歴書・職務経歴書に書きたくない職歴は書かなくてもいいの?

第二新卒の転職ノウハウ

履歴書・職務経歴書に書きたくない職歴は書かなくてもいいの?

前職を短期間で辞めてしまい、この職歴を履歴書や職務経歴書に書いてしまうと「どうせまたすぐ辞めるのだろう」と思われ、転職活動に支障が出るのではないか?と不安な人もいるのではないでしょうか。

書きたくない職歴を持っている場合でも、履歴書・職務経歴書には全て書かなければいけないのでしょうか?履歴書・職務経歴書で職歴を省略することができるのか、解説していきたいと思います。

履歴書・職務経歴書に全ての職歴を書くかは本人の自由

実は、履歴書や職務経歴書に職歴を書くかどうかは本人の自由であり、書かなかったからといって経歴詐称には該当しません。書くことによって不利になると考え、あえて書かなかったとしても、「書かなかった」という行為自体は特に問題にはなりません。

ただし、実際に勤務していない会社での職歴を記載した場合は「経歴詐称」に該当しますので、絶対に書かないようにしてください。
[add_widget file=”custom_widget”]

書かなかった場合、空白期間について面接で問われる可能性が高い

短期間であったとしても、一部の職歴をあえて書かなかった場合、書類上には空白の期間が生まれてしまいます。書類選考を通過した後の面接で、この空白期間に何をしていたのか問われる可能性は非常に高いです。

空白期間の理由について面接で問われた時は素直に答えるようにしてください。

20代の転職相談所で
面接対策

口頭でも虚偽の経歴を伝えれば経歴詐称に該当

仮に面接の場ではうまく嘘をついてやり過ごせたとしても、採用に向けて話が進んだ際に企業側がリファレンスチェックや前職調査を行えば嘘がバレてしまい、内定取り消しになる可能性があります。

採用までバレることなく入社できたとしても「いつか嘘の経歴がバレてしまうのではないか」と常に不安が付き纏うでしょう。入社後にバレてしまった場合、最悪解雇になることもあります。

転職活動中・入社後、いずれにせよ嘘をつくことは非常にリスクの高い行為ですので、履歴書・職務経歴書に書かれていない期間について問われた時は素直に答えましょう。

短期間で退職していたとしても答え方によってはネガティブな印象を軽減することも可能ですので、面接対策として答え方はしっかりと準備しておきましょう。

基本的には正直に全て記載するのが好ましい

書きたくない経歴をあえて書かなかったとしても経歴詐称には該当しませんが、ずっと隠し続けることになったり、嘘をついてしまえばトラブルに発展することもあります。

基本的には経歴は省略せず正しく記載する、それがどうしても嫌で省略してしまった場合は、面接で問われた時には空白期間について正直に答えるようにしましょう。どうやって隠し通すかを必死に考えるよりも、早期退職してしまった理由や、転職回数が多い理由について上手く答えられるようしっかりと面接対策を行いましょう。

20代の転職相談所では求人紹介のほか、履歴書の書き方や面接の対策なども行っていますので、お気軽にご相談ください。

20代の転職相談所で
相談してみる

この記事を書いたのは…20代の転職相談所

20代の転職相談所

輝ける30代を目指すあなたの選択をサポートする転職支援サイトです。「20代の若手を中途採用したい!」そんな正社員限定求人が5,000件以上。あなたに合った「20代の転職」を本気で応援します!

気軽に相談できる20代の転職相談所 転職相談予約はこちら

Top