業界・業種未経験でも正社員として転職できる?

第二新卒の転職ノウハウ

業界・業種未経験でも正社員として転職できる?

社会人経験が浅いなか他業界・他業種への転職を考える20代にとって、「自分を雇ってくれる会社があるのか?」という不安は切実なものです。しかし、若くて未経験だからこそのニーズも存在しています。この記事では若手であることの強みをご紹介します。

業界未経験でも応募できる
求人はこちら

未経験者でも正社員として受け入れてくれるの?

今もなお、「新卒で入った会社が合わないと思っても3年は我慢するものだ」という考えは残っています。しかし、中途採用の求人に「第二新卒枠」を設ける企業が増えているように、第二新卒者が「根性無し」の烙印(らくいん)を押されていた一昔前とは第二新卒者をめぐる社会情勢は大きく変化しています。

新卒者の3割もの人が入社から3年以内に離職している今、企業は、離職によって失われた若い労働力を補うべく、第二新卒の採用には積極的です。

例えばIT業界のように慢性的に若い人材が不足している業界では、次世代の育成のために未経験でも積極的に採用しています。
また、営業職では専門的な知識やスキルだけでなく、コミュニケーション能力も重視されるため、適性が見込まれれば未経験者でも正社員として採用されます。

関連記事

新しい職種、業種にキャリアチェンジできる年齢と求められることの詳細はこちら
「転職市場でキャリアチェンジが可能な年齢は何歳まで?」

若手に求められているのは「伸びしろ」

売り手市場にある第二新卒での転職ですが、「若い」ということには具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

通常、経験がないということは転職において不利に働きそうなものですが、若手育成を目的とした場合は必ずしもそうではありません。

新卒で入社して「はじめて正社員として働く職場」の影響力は大きく、多くの人にとって社会人としての基礎となります。

しかし、企業が変われば企業風土や業務の進め方は異なり、中途採用者を採用する企業にとっては、前職の企業風土や業務の方針に染まった人材の再教育は、時に新卒者の教育以上に時間と労力を要します。

この点で、じっくり育てることができ、長く働いてもらえる若手社員の「伸びしろ」は魅力だと言えるのです。

さらに、第二新卒者の場合は、多少なりとも前の職場で社会人経験を積んできていることから、基本的なビジネスマナーは身に付いているため、同じ若手でも、新卒者より手がかかりません。

第二新卒者の場合は、はじめから業務に直結する内容の研修が行えるのも、企業にとってはメリットだと言えるでしょう。

関連記事

第二新卒ならではのアピールポイントはこちら
「第二新卒時と新卒時の就活。心がけるアピールの違いは?」

[add_widget file=”custom_widget”]

他業界・他業種の人材を欲している企業が増えている!

第二新卒者の転職では、「前職の経験を活かしたい」という方も多くいらっしゃるかと思います。

そこで気になるのが「前職が他業界や他業種でもそこでの経験は役立つのか?」ということではないでしょうか?

結論から言えば、「前職が他業界や他業種であることは、決してマイナスにはならない」という認識が妥当です。

現在の求人市場では、「人材流動化」が起きています。これは「他業界・他業種からの人材の積極的な採用」「ジョブローテーションを活発に行う人事制度」といったものを指しています。

こうした流動的な人事戦略を行っている企業では、他業界・他業種出身の若手が持つ新しい視点や価値観を高く評価することがあります。

特にこうした考え方を持つ企業との相性が良いのは、ジェネラリスト志向の人です。こうした人たちはさまざまな価値観や視点を吸収しながら総合的に問題解決に取り組むことで、組織全体に良い刺激を与えます。

他業界・他業種出身であっても、会社と自分が相互に利益を得られるような関係を築ける可能性は十分にあるのです。

20代の転職相談所で
求人を紹介してもらう

まとめ

業界・業種未経験だと、正社員としての転職は難しいように感じられるかもしれませんが、「未経験」ということを「伸びしろ」が大きいととらえる会社は少なくありません。

未経験の業界や業種を恐れず、未知のフィールドへと飛び込んでいける行動力こそ、若手の強みなのです。

この記事を書いたのは…20代の転職相談所

20代の転職相談所

輝ける30代を目指すあなたの選択をサポートする転職支援サイトです。「20代の若手を中途採用したい!」そんな正社員限定求人が5,000件以上。あなたに合った「20代の転職」を本気で応援します!

気軽に相談できる20代の転職相談所 転職相談予約はこちら

Top